日本応用老年学会LLP
ジェロントロジーの世界 ジェロントロジーが超高齢社会を変える

ジェロントロジーとは?

What Is Gerontology ?

「ジェロントロジー」という言葉を聞かれたことがありますか?専門分野の方々を除けば、日本ではほとんど知られていないといってもいいでしょう。日本語で「老年学」、「老人学」と訳されています。アメリカでは1950年代に大学で教えるところが現れ、現在その数は100校を超すといわれます。現在わが国で、正式にジェロントロジーを教えている大学は、桜美林大学大学院1校です。2008年4月から東京大学で新たに学部横断型教育プログラム(寄付講座)としてジェロントロジーという科目ができました。東京都の研究機関として東京都老人総合研究所(1972年設立)や国立長寿医療センター(2004年設立)などがあります。

ジェロントロジーは、医学・生理学・社会学・心理学・栄養学などさまざまな学術分野を横断的にカバーする「マルチディシプナリー」の学問です。加齢(エイジング)に伴う生涯発達や高齢化社会における生活、人間関係、心や健康の管理、老人介護や諸制度・政策、経済など、さまざまな領域の問題を、多角的な側面から問題をとらえ、総合的に研究するのが特徴です。

ジェロントロジーのgeroは、ギリシャ語で“オールドエイジ” を意味します。

  イメージ写真